Liveカテゴリ 2ページ目


エゴラッピンミニライブ

エゴラッピンの新しいアルバムを購入したら付いてきた招待ライブの応募ハガキ。ダメ元で送ったら見事当選!
ツイてるね!ってことで、喜び勇んで渋谷タワレコ地下のSTAGE ONEへ。

STAGE ONEは収容人数300人くらいの広さじゃなかろうか。いやあ近かった!よっちゃんなんて爪まで見えた。こんな機会はもうないかもしれないと頭の先から足の先までなめまわすように見てきたさ。ガンガン響く音の中でぐちゃぐちゃになって踊るよっちゃんがすごくかっこよくてビリビリした。やっぱり歌うまいなー。
サックスの武嶋さんとトランペットの川崎さんはよっちゃん以上に近かった。ほんま「スグそこ」だった。お二人が目をつむってしっとりとラッパ吹く姿に「わおぅ、エロかっこいい」とうっとり。

ただ森ラッピンが…。こんなにステージが近いというのに、森くんだけがびっくりするくらい完全に見えなかった…。ソロでステージ中央ににじり出てきたときに2,3回見えただけ…。残念だった。けど、ギターはかっこよかった。

そんなふうにステージ間近だからこその楽しみ方も十二分に味わいながら、目の前で繰り広げられる熱気沸騰なライブに全身全霊でのめり込める幸せったら。

もちろん新しいアルバムの曲がつぎつぎに演奏された。MCで森くんが「みんな新しいアルバム聞いてくれてるなあ。ノリ方が『ああ、これね』ってノリ方や」とうれしそうに言っていてるのを聞いて私もうれしくなった。
約1時間のミニライブだったけど、濃密で贅沢な時間だった。アンコールではフロアの照明が明るくなったから、中央で踊るお客さんたちの笑顔も見えた。みんなすごくいい顔してて感動してしまった。そしてサイコアナルシスはいつものごとくお祭り騒ぎ。ノスタルジア!ああやっぱりライブは最高。

pagetop

お祭りわっしょい

新宿コマ劇場にて、劇団☆新感線の五右衛門ロック観劇。
ぶほー、スカーっとしたー!お祭りわっしょいー!楽しかったー!難しいことなど微塵も考えずにドタバタ冒険活劇を楽しんでまいりました。
松雪さんのセクシーふ~じこちゃん、森山くんのキレキレのエネルギッシュな動き、えぐっちゃんのさわやかソングとおとぼけっぷり、濱田マリさんのちっちゃいちっちゃいと歌うかわいらしさ。古田さん、じゅんさん、高田さんなどなど劇団員の皆さんもいつもの頼もしさ面白さ、あ、忘れちゃいけない冠くんシャウツ!そしてそして、北大路欣也さま。欣也さま、しぶーい。さすがのどっしり感。私、しびれました。でも、1場面でもいいので「まさかっ!北大路欣也がこんな・・・!」ってのけぞるギャグシーンが見たかった気もする。ソフトバンクのお父さんをネタにしてとか。うーむ、あの罪も何もかもすべて背負った重い役では、それはムリかあ。
しかし、改めて凄みのある名前だな、北大路欣也。きたおおじきんや。北大路欣也さん、高橋英樹さん、西岡徳馬さん、このあたりのどっしり重厚な大御所俳優さんしか出ないお芝居が見たい。一番前センター席のかぶりつきで。キメキメ台詞オンリー、眉間にシワが入りっぱなしの濃ゆ濃ゆ眼力大会。おおう、たまらん。
と、話がそれた。戻して戻して。そう、ただ一点困ったのは川平慈英さん。悪徳商人役がいいんです!濃ゆいんです!ムダにくるくる回るんです!いま、ちりとてちんonDVD中なのに、あの弾けっぷりは困る。しばらくは真面目な秀臣さんとのギャップに戸惑いを隠せないだろうな。秀臣さんが出てくるたびに白タイツにかぼちゃパンツの貴族姿がオーバーラップしそう。
そしてなんと、このお盆に大阪帰省の際、友達と一緒に再び五右衛門ロック!するのです~。良席とのことでとっても楽しみ!今日はちょっと後ろの席だったから・・・。お祭りはまだまだ続く!うお~、盛り上がるぞ~!どうぞよろしくね~!
そうそう、お盆の前には「女教師は二度抱かれた」だ。なんちゅうすごいタイトルだ。なんちゅうすごいキャストだ。こちらも友達のとっても嬉しい計らいにより良席で見られることに!拙者しあわせ!(今日のえぐっちゃんのセリフ)

pagetop

新宿御苑で桜とムリウイでライブ

この日はギター仲間くんと、とあるプロジェクト(ちょっと大げさ)の打ち合わせを兼ねて、ライブを見に行く予定。
よーし、その前に桜を見ようと新宿御苑へ。残念ながら曇り空ではあったけれどソメイヨシノは満開!気分上々!御苑は、お花見を楽しむ人たちでたいそう賑わっていました。数種類の桜があったけれど、オオシマザクラが素朴な感じがしてかわいらしいなあ。オオシマザクラは葉っぱと同時に花が咲くのですね。花が大きくて真っ白で、黄緑色の葉っぱとのコントラストがよい。
新宿御苑のサクラ

www.flickr.com

仕事が終わったら合流しますと言っていたギター仲間くんが、入園終了時間ギリギリに到着。「どこいます?」とメールが入る。自分がどこにいるのかよく分からなかったのだが、周りの景色を確認して地図見て、フムここやろうという場所を伝えた後、のんびりと写真を撮ったり、桜を眺めたりして待っていた。「あれれー、なかなか来ないなあ」と思っていたら、まもなく、ぜんぜん違う場所を伝えてしまっていたことが発覚!しもた!まことに申し訳ない!てんやわんやの大騒ぎをしつつ、なんとか合流したのはいいが、スグに「閉園となります」のアナウンス・・・。「まあ、閉じ込められることはなかろう」と新宿門目指して、すっかり人が減った御苑内をじつに快適に散策しました。途中、前から清掃のトラックがやってきて「あ、あれに乗っけられて門まで運ばれるんかな?」とか言いつつ(もちろん、乗っけられなかった)、閉園を30分くらいオーバーして新宿門に到着。結果、閉演後の30分でものすごく楽しんでしまった感じ。見所満載な新宿御苑。また、別の季節にも訪れてみたい。
その後、祖師谷大倉へ移動して「cafe MURIWUI」へ。ライブが始まるまで、もろもろ打ち合わせ。完成までもう少し!
そしてライブです。「ギターとクラリネットのための競争曲」助川太郎さん (G)、土井徳浩さん (Cl) を見る。素晴らしかった!ゆったりしたり、まどろんだり、ワクワクしたり、不安をかきたてられたり。とくに2セット目はドキドキの展開で、もうおなかいっぱい、大満足のライブでした。夏にはこのユニットでのアルバムが発売になるそう。おおう、楽しみでならない!
ムリウイは2度目だったけど、やっぱりいい雰囲気のカフェだなあ。旅先でライブ見てるような、ちょっと贅沢な気分になる。
MCでギターの助川太郎さんが、マンガの「人間失格」がなかなか素晴らしいんですと言っていて、とても読みたくなった。たぶん、↓だと思う。探してみよう。

人間失格 (まんがで読破)
太宰 治
イースト・プレス (2007/07)
売り上げランキング: 30953

pagetop

bjorkライブでみたおもしろい楽器

またまたビョークライブネタですみません。
ライブに一緒に行っただんなさんが、とっても楽しみにしていた2つ。
「TENORI-ON」
メディアアーティストの岩井俊雄さんとヤマハが共同制作している音楽インターフェース。16×16個のLEDスイッチで、音楽に知識がなくても直感的に演奏できるのだそう。

ヤマハの「TENORI-ON」サイト:http://www.yamaha.co.jp/tenori-on/
「TENORI-ON」のMy Space:http://www.myspace.com/tenorion
「Reactable」

「Reactable」の公式サイト:http://reactable.iua.upf.edu/
だんなさんが買ったSound&Recording3月号にビョークのインタビュー記事があったので、読ませてもらった。この2つの楽器について、こんなふうに言っていた。

これまでの電子楽器はずっと左脳的だった。でも、Tenori-OnやReactableは右脳で演奏できる楽器。もっと即興性があって指先でアクシデント的に何かを生み出せるの。

面白いなあ。触ってみたい。

pagetop

bjorkライブで燃え尽きる

ンギャーーーーーー!!
ビョーク!ビョーク!!
すごいよー。
ほんまにビョークやったよー。
素晴らしい声。
脳天突き破られた。
全身打ち震えた。
動きも変でかわいかったー。
長いひもに丸いのがついたのをブンブン振り回してた。
ビョークが登場したときの、あの鳥肌のたちよう!
全身、ほんまにつむじから足の小指までさぶいぼ出たような。
涙でにじむステージに向かって、しばし立ちぼうけ。
「Unison」で泣き、「Joga」で泣き、
「Bachelorette」にうなり、
「Who Is It」のかわいいアレンジにニコニコになり、
「Hyperballad」で飛び跳ね、「Pluto」でさらに飛び跳ね、
アンコール「Anchor Song」で泣き、
ラスト「Declare Independence」で大量の紙吹雪ボカーーーン!
キャイキャイ言いながら飛び跳ね、紙吹雪キャッチングーっ。(エド・はるみ)
アリーナ最高やったなあ。
周りのみなさん最高。
一緒に両手挙げて、飛び跳ねてすっごい楽しかった。
しかも、ブロック最後列の通路側。かなり自由。
通路側って最高やわ。
新幹線でも絶対通路側。
はみ出していいって最高!
ダミアン・テイラー、なんて煽り上手。
マーク・ベル、クールでかっこいい。ほいでお誕生日おめでとう。
クリス・コルサーノさん、あんな複雑なバチさばきすごいっす。
ヨナス・サンドさん、ピアノとビョークの歌だけの演奏、かわいらしかった。
ラッパ隊のみなさま、夢の国へ誘ってくれてありがとう。
そして、ビョーク!
言葉ではとても言い尽くせない。困った。
とにかく、心の底から楽しかった!
このライブのことは一生忘れません。
19日も行けばよかったなあ。
「Unravel」聞きたかった・・・。
あーあ、終わってしまった。
真っ白に燃え尽きたなあ。
がっくり。
もう、グレたる。
いささか冷静さを欠いているエントリー。
気持ち悪かったらごめんなさい。

pagetop

おかむらちゃんやった

岡村靖幸TOUR ’07「告白」 Zepp Tokyoにて。
おかむらちゃんがおかむらちゃんだったことがうれしかったライブでした。歌って踊ってギターかき鳴らして一生懸命伝えようとしてくれてました。短めの髪が若々しくてかわいかった!
何回、ベイベーって言いあったことだろか。
何回、投げキッスをもらったやろか。ん~~まっ♪
ダンスもキレまくってたし、ギターカッティングもキレまくってた。声もライブが進むにつれてどんどんよくなってた。高いところは出にくそうだったけど、そんなときはみんなで歌ってカバー。岡村ちゃんの一挙一動に、東京ベイベたちは即座に反応してばっちり対応。ほんとうにみんな岡村ちゃんのことが大、大、大好きなんだな~。愛が満ち満ち。
”電話なんかやめてさ・・・”にキュンとし、”きみのリボン・・・”にキュンとして、”猛獣のようなハート・・・”にキュンとしたなあ。ほいでやっぱり「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」が一番グっときたなあ。
ライブが終わってしまって寂しい。でも、倫社と現国を学んで、環境問題について語って、少子化の時代だから子供を産まないといけないし、一緒にハネムーンに行って、ハネムーンベイベーも作らないといけないし、微笑みかけて、電話もかけないといけないし、ベイベーは忙しいです。へぽたいやへぽたいや。
かくれんぼみたいに見つけてほしいーっぜ!
あばれまくーってる じょ・お・ね・つ!
再開発見通したってんのかい?
ぶーしゃからかぶー!
なんか文章めちゃくちゃやで。それにあとで読んだらきっと恥ずかしいで。でも、まあいいか。
おかむらちゃんには、ほんとにゆっくりでいいのでこれからも曲を作ってライブしてほしいなあ。

pagetop

一番前でゆらめいてきました

ペンギンプルペイルパイルズ「ゆらめき」、吉祥寺シアターにて。
台風の中、行ってきました。面白かった!ペンギンプルペイルパイルズのお芝居は4本目だけど、これが一番好きかもしれない!
ペンギンプルペイルパイルズのお芝居を見ると、いつも、人というものに空しくなってしまいつつも、愛情がわいてくるのですが、今回は愛情がわく割合が多めだったような。でも、ここがこんな風に、と具体的には説明できない・・・。てへへへ・・・。
しかし、高鹿さん演じた朝比奈がみょうに心に残っている。ずっと「なんやい!こやつは!いちいちムカつくやっちゃなー!」と思っていたけど、最後「ああ、そっかー」と同情というか一番かわいそうでつらい人だったのかもと思った。
舞台セットもとてもおもしろく、マンションの一部屋を手前から奥へ斜めに切って、居間も寝室も浴室もぜんぶ見せていた。お見事!
この日、私は一番前の席だったんです。演者のみなさんが近くてドキムネ。皆さんすごく魅力的でした。坂井真紀さんはキレイだったし、ぼくもっさんをあんなに近くで見られてうれしかった。動きがすごくかわいかった。しかし、一番前だと舞台の端っこと端っこで同時に演技されると、どっちを観るべきか戸惑ってしまって集中力が途切れるなー。って贅沢な不満かな。
来年は7月に新作が観られるとのこと。楽しみだなあ!

pagetop

ソレイユ

エゴ・ラッピン中納良恵さん、ソロライブツアーに行ってきました。渋谷のCLUB QUATTROにて。
じつはライブチケットを取り損ねていたのです。でも、ソロアルバム「ソレイユ」をすーごく気に入って、どうしてもライブに行きたくなってしまい、mixiのコミュ経由で譲っていただいたんでした。行ってよかった!
中納さん、ちっちゃい体からパワーみなぎってました。全体的にロック色強めでかっこよかった!アフリカっぽい土着的なリズムに合わせて歌う中納さんもかっこよかった!ジュリー「ストリッパー」もかっこよかったし、Nina Simoneの「See-Line Woman」もかっこよかった。あー、かっこよかった!かっこよくてかわいかった!
そして、アンコールの最後の最後は、ソロアルバム1曲目のピアノインスト曲。やーらーれーたー。

ソレイユ
ソレイユ
posted with amazlet on 07.10.29
中納良恵 向井秀徳 トウヤマタケオ 鈴木惣一朗 青柳拓次
TOKIE 栗原務 あらきゆうこ Daisuke Tobari
トイズファクトリー (2007/09/26)
売り上げランキング: 993

で、ソロアルバム「ソレイユ」ですが、全曲好き。1曲1曲をバラバラに聞いてももちろんいいけれど、全体通して聞くのが好きです。サラっと聞いてもいいし、じっくり味わって聞いても最高。こんな優しいアルバムをありがとう、よっちゃん。(と、初めて「よっちゃん」と呼んでみた。ご本人に言うわけでもないのになんか照れる)

pagetop

犯さん哉

「犯さん哉」、パルコ劇場にて。
いやあ、笑ったーよ!

続きを読む

pagetop

yanokamiライブ

yanokamiライブに行ってきました。この日誕生日だっただんなさんと一緒に。
だんなさんもそんなに張り切らんやろうと思ったら、どんどん前に進んでいって、結局前から3列目に落ち着く。ははーん、ハラカミさんの手元を見ようという魂胆ね。
オープニングアクトはMASAKI SAKAMOTOさん。知らない方だったけどエレクトロニカサウンドに生ベースという形でかっこよかった。808StateのPacificがかかったときには思わずだんなさんと顔見合わせてニンマリ。帰ってどんな方かと調べてみたら神経内科医でもある方だそうで。
次にYanokami Music Video Contestの発表。バームクーヘンさんがナンバー1!関係ないけどバームクーヘン大好き!ライブの前の日にサイトで8作品全部見たけれど、一番うまくまとまってるなと思った作品だった。
そしていよいよyanokami登場!矢野さんのオーラはやはり圧倒的!思わず「わああ~」と声が出てしまったほど。一方、ハラカミさんはyanokamiTシャツに横ストライプの短パンという部屋着スタイルに身を包み「どうもどうも」という感じで登場。おもしろい。
1曲目は「気球にのって」かなあと思っていたけど「おおきいあい」だった。矢野さんが歌い始めると「おお、矢野さん!矢野さんだ!」と引き込まれた。一瞬で、です。すごい方だなあ。ハラカミさんも曲に入ると体揺らし演奏(つまみをアレコレ、何やってるかわからんけど 笑)に没頭。きれいでかわいくてちょっとさみしげな音が染みわたり極上。
やっぱり矢野さんのピアノとハラカミさんの電子音がからむところがすごくよかったー。うしろのスクリーンに矢野さんのピアノ弾く姿が影になってうつってて、その影と映像が合わさって美しいやらかわいいやら。
お二人のMCもおもしろいー。矢野さんいわく「音楽はあんなにぴったり合ってるのに、話は噛み合わない」のだそう。ハラカミさんの言ったことに矢野さん何も言わずにただ笑顔、というのがウケた。でも、負けじとハラカミさんも矢野さんにつっこんでたな。
お二人それぞれのソロもあったんでした。贅沢やー。矢野さんは「バカボン」と「ラーメンたべたい」、ハラカミさんは「にじぞう」と「joy」。
最後のほうでアルバム唯一の新曲「Full Bloom」。うーん、かわいいー。花がどんどん咲いていく映像がめちゃくちゃかわいかった。
ラストは「気球にのって」。英語バージョンのほうでちょっと残念。ああ、日本語のが聴きたかったなあ。雷、竜巻、サイクロン。
アンコールでは、矢野さんは白地に赤い大きなお花がプリントされたきれいなワンピースに衣装替え。ハラカミさんはまったく一緒。曲は「You Showed Me」だった。悲しげな響きがライブが終ってしまう切なさを助長して寂しくなった。
足パンパンになったけど3列目でyanokami音楽に陶酔できてうれしかった。大満足!いい誕生日(だんなさんの)になったではないかー。
次のアルバムの話も何回も出ていたので期待して待っていたい。オリジナルがもっと聴きたいなあ。あと、yanokamiだからできるこれまでとは違うハラカミサウンドが聴けるといいな。

続きを読む

pagetop