ウルリッヒ

先日だんなさんが、聴いていたiPodのイヤホンをはずしながら「これいいわ。いつもの街がちがってみえる」なんてきゅうにシャレたことを言ったので「へ、へえっ?」と半笑いしてしまったことがありました。
そんなセリフを言わしめたのはUlrich Schnaussの「far away trains passing by」というアルバムです。エレクトロニカでは有名な方のようです。聴いてみたらほんまなんですよ。いつもの街がちがってみえるんですよ。浮遊してて幻想的で一気に別世界へいけます。私はとくに5曲目の「Nobody’s Home」が好きで、不思議と涙腺ゆるみます。この曲のモチーフとなってるフレーズがたまらないです。

Far Away Trains Passing By
Far Away Trains Passing By
posted with amazlet on 07.03.17
Ulrich Schnauss
Domino (2005/11/01)
売り上げランキング: 16636

だんなさんがただいま久々に音楽ライフ盛り上がり中なのでとても楽しいです。若かりしころはデートといえばwaveに行って試聴しまくって、だんなさんはエレクトロニカ系を、私はゴリゴリのテクノなCDを何枚も買うというのがお決まりになっており、そのころを思い出させるような勢いです。なつかしい・・・。なぜに私はあんなにゴリゴリなものばかり聴いていたのだろう・・・。なにをそんなにいきがっていたのか・・・。キャラに合わなさすぎ・・・。で、私もゴリゴリテクノはちょっともう疲れる・・・という感じですが、叙情的なエレクトロニカ系にはとても興味があります。

pagetop

コメントを書く

コメント内容
*