春風亭一之輔 真打昇進披露興行

一之輔師匠の真打昇進披露興行へ。舞台には大きな紋の入った垂れ幕やら酒樽やら色鮮やかな飾り付けやらで、全体的にとても華やか!お祝いムードまんてん!
口上はビシッと堅い感じなのだろうと思っていたら、けっこう軽いノリだった。木久扇師匠は壇上で片岡知恵蔵と宇宙人とカッパのモノマネしていたし。馬風師匠にふられてだけど。そんな感じで口上は笑いに包まれ和やかに進んだけれど、一朝師匠のあいさつではやはりジーンとした。とある日の寄席のあと、一之輔師匠がすごい勢いで追いかけてきて鬼の形相で入門をお願いされたことから、大人しすぎて心配した前座時代の話、そして真打昇進、これが本当のスタートだから今後ともぜひ贔屓にしてやってほしいと…。ちょっとウルッときた。口上の最後は三本締め。手のひらかゆくなるほどに三本締めした。

一之輔師匠のネタは薮入りだった。大好きなネタ!奉公に出ていた息子が3年ぶりに帰ってきた。おとっつぁんはなんだか照れくさくて息子の顔を見れずに下を向きっぱなし。おかみさんに「なあ、亀の奴はおっきくなったか?」と聞く始末、「自分で見ればいいじゃないの」とおかみさん。ここのくだりがとても好きなのです。笑いつつもジーンとくる。

真打昇進披露興行はまだまだ続くから、あと一回は行こう。あの華やかな雰囲気をまた味わいたい。

「春風亭一之輔 真打昇進披露興行」 鈴本演芸場
春風亭正朝 「蜘蛛駕籠」
鈴々舎馬風
林家正楽
柳亭市馬 「長屋の花見」
三遊亭圓歌
春風亭一朝 「幇間腹」
仙三郎社中
林家木久扇
柳家小菊
春風亭一之輔 「薮入り」

pagetop

コメントを書く

コメント内容
*