Guitarカテゴリ 2ページ目


発表会なんて何年ぶり?

諸事情により今回から先生のご自宅にてレッスンを受けることになった。これまでの教室よりずっと近くなったので自分のギター持参で。
私が伺ったとき、前にレッスンを受けていた生徒さん(上品そうなおじさま)が次のレッスン日を決めてらっしゃるところだった。「はじめまして。新入りです。」とあいさつし、先生がなにかを取りに部屋を出て行って二人になってしまったので、少しのあいだぽつぽつとお話していると、某楽器メーカーにお勤めだとおっしゃる。「私、〇〇社(某楽器メーカー)に勤めてたんですよ。」と言うと、「ああ~、〇〇社には知り合いがいっぱいいますよ。〇〇に〇〇に・・・」と役員レベルの方たちの名前がズラリ。
ひええ~、このおじさまはスゴイ方なのかもしれない~とおののいていると、先生が戻ってきて「はい、発表会の案内です。」と紙を差し出した。発表会のことはちらりと聞いていたので驚かなかったけれど、このきっとスゴイ方なのであろうおじさまも参加するというので驚いた。どんな演奏をされるのだろう。とても楽しみ。
で、私もこんな機会はめったにないからと、ひよっこレベルながら参加させてもらうことに。1曲は「Summer Samba」を先生とデュオ。ほかの生徒さんとセッションも考えているとのことなので、「(練習中の曲)「Izaura」を歌ってくれる方いませんかね~。こんな初心者の伴奏でもいいって言ってくれるかわいい女の子。(笑)」と言ってみると、当てがないこともないよう。さてさて、どうなることやら・・・。言った手前、歌えるレベルにはしなくては。
「Summer Samba」のコード、ソロの押さえ方を確認。「あなたと私」は引き続き、自分なりにバッキングパターンを考えて、少しずつ進めていくことに。
最後に笹子さんのギターを聞くならコレ!とEPOさんの「air」というアルバムを教えてもらった。しかし、このアルバム、品薄なようで、現在在庫確認待ち。

pagetop

マイクロチューナー

ギターの先生が使ってらっしゃるのを見て、ひとめぼれした一品「コルグ AW-1 MICRO TUNER」。リンク先の写真のように楽器に挟んでチューニングできる。いつも、BOSSのチューナーをひざの上に置いて、チューナーを落っことしそうになりながらのハラハラチューニング(時々落としてた)だったので、これは便利!と即購入。ちょっと高かったけど。
買ってよかった!
クラシックギターは音がくるいやすいので、練習前に必ずチューニングをするんだけど、このめだまチューナー(私はそう呼んでいる)なら、チャッとくっつけて、ササッとスマートチューニング。なんて便利なのー!いいお買い物だった。

pagetop

12