2006年10月の記事を集めたページ


まさにミラクルシートやぁ~!(彦磨呂でお願いします)

国際フォーラムホールAで行われるジョアン・ジルベルトのコンサートチケットが届きました。
さっそく座席を確認したら、
ろ、ろ、ろくれつめっ!6列目ですってよ!
それに真ん中ブロックですわよ!
ぎゃああああ!
じたばたじたばたっ・・・(手足の制御が効かない様子)
ふがっふがっふがっ・・・(鼻息荒れてる様子)
思い起こせば、7月。(たぶん)
1列目から4列目を”ミラクルシート”と銘打ってチケット24,000円で発売!メモリアルグッズつき!という案内メールがきて、「1列目から4列目ミラクルシートかあ。来日最後かもしれへんけど24,000円はいくらなんでもムリっすわ・・・」とあきらめたのですが・・・。
チケット届いたら6列目やて!うっひゃひゃひゃひゃ。これぞまさしく”ミラクルシート”やないですか。クックックックッ。ごっついヤな奴になってしまってる。ごめんなさい。でも、ニヤついてしまう。もう、どうしようもありません!
と、書きながらまたチケットをスケジュール帳から取り出して眺めてはニヤつく私。はあ、うれしいなあ。ドキドキするなあ。テンションあがるなあ。幸せだなあ。もうすぐお芝居で堤さんも見れるしなあ。ぶっさん展もあるしなあ。
きゃはははは!(半分壊れてしまった様子)
興奮しすぎて体調くずさないかとそれだけが心配。

pagetop

ちっちゃい劇場もおもしろい

五反田団の「さようなら僕の小さな名声」を観劇。五反田団はいろんな演劇ブログを読んでいて、とても評判がいいので一度観てみたかったのです。こまばアゴラ劇場というちっちゃな劇場。いやはや、おもしろかった!前田さんの頭の中の妄想を何も考えずに書きましたという感じ。言ってしまえばグダグダなのかもしれないけど、妙にひきつけられるグダグダ。前田さんのことがとても好きになってしまった。
この日は友達と一緒の観劇だった。帰り道で、なぜかホラーについて話していて、駒場東大前駅東口周辺はお店も少なく人気も少なく、もうすっかり日も暮れていたのでなんかほんまに怖くなってしまった。今でも、誰もいない薄暗い踏み切りの映像が頭に浮かんでくる・・・。こわー。

pagetop

セレブな気分

ギター仲間で発表会にむけて合同練習会。高層マンションの26階のお部屋にて。昼過ぎに集合して解散したのは10時!時にみんなでワイワイと、時に各々黙々と、みっちりギターを弾いた。
その後は、高層マンション26階のお部屋の持ち主さん自ら釣って干したというアジの干物をメインに、晩御飯をごちそうになった。このアジの干物が身がふっくらして美味しすぎて美味しすぎて「何回も言っちゃいますけど言わずにおれない!美味しい!」とアジを食べ終わるまでに「美味しい!」を20回くらい言ったと思う。ということは一口食べるごとに「美味しい!」と言っていたといってもいいぐらいかも。
そして、26階からの眺めはやはり綺麗で贅沢で、束の間のセレブ気分を味わった。

pagetop

誕生日

誕生日ー。とくに特別なことはしてない・・・。近くのショッピングセンターに行って遊んでご飯食べました。と、書きながら気づいたけど、去年の誕生日も同じショッピングセンター行ってるわ・・・。イヤー!なんかイヤやぁー!もっとこう、ちょっとおめかししてちょっと特別なディナーとかしたいー!(と、ココに書いたら来年はなんかあるかも、という下心アリアリ 笑)
この1年もますます楽しい1年にしたいなあ。
とさかのぼって書いているので今日は11月28日。もう1ヶ月たったのね・・・。早いっす・・・。

pagetop

北と南を1日で

劇団MCR「ヒマホテル」。中野ザ・ポケットにて。「北編」と「南編」があったので両方観る。「北編」は、ひきこもりの女の子、子供を亡くした夫婦と扱っているテーマは重いのだけど、重いテーマに触れるシーンになると主役の桜井さんが、サラっとかわしてスパッと切り捨てる。その切り捨て方が、私にはどうにも受け入れられず「桜井さん、なんでなんすか?もっと引っかかってこうよぉ~。」と心の中で問いかけておりました。現実そんなものかもしれないけれど・・・。
「南編」は、ストーリーの中身こそ軽かったかもしれないけど、出てくる人たちはみんな愛嬌あってかわいいキャラクター。気軽に楽しめた。客演の『あひるなんちゃら』の黒岩さんがとってもよかった。

pagetop

ちいこいウケた話

山本耕史さんがヘドウィグをやると聞いて大衝撃を受けたんですが。
久しぶりに三上ヘドウィグの「オリジン・オブ・ラヴ」が聞きたくなって、iPodのミュージックメニューから曲を選んで「オリジン・オブ・ラヴ」を選びました。
『それが愛の起源よ、とママが言った・・・』
と曲が終わってジーン・・・としていたら、いきなり
『3年9ヶ月ぶりなんで、少々歌いすぎてしまいました。ボーカルの、破れるに壊すと書いて破壊です!』
と阿部サダヲさんの声が。リピート設定を1曲にするのを忘れてて、グループ魂さんの「オリバーカーン」がはじまってたという(笑)。
『ドイツのキーパーはなべやかーんじゃねえ!』 
一瞬、何が起こったか分からず固まってしまった出来事でした。
そのあとリピート設定を1曲にきっちり設定。繰り返し「オリジン・オブ・ラヴ」聞きながら、三上さんのヘドウィグを思い出しては、ううー観たいーと想いこがれております。

pagetop

トウヤマさんのピアノを聴いてきました

「sonarsound tokyo 2006 SonarSound Extra」 恵比寿ガーデンプレイスにて。
トウヤマタケオさんのピアノを聴いてみたくて行ってきました。
トウヤマさんのピアノ、すごいよかったー。
屋外のセンター広場だったのですが、人のしゃべり声とか子供の笑い声とか抽選会のガラガラの音とかそういう街の音と、周囲を歩く人達の動きと、夕暮れの色と、そしてトウヤマさんのピアノ、ぜんぶが一体となって素敵な映画のワンシーンの中に入ってしまっているような感じでした。素敵体験でした。

green
green
posted with amazlet on 06.10.11
トウヤマ・タケオ・アンサンブル
インディペンデントレーベル (2004/11/06)
売り上げランキング: 80,328

関西在住とのことで、東京でもたびたびライブしてくれはったらいいのになあ。

pagetop

ネギの白いとこにサインして!

タイトルは、私が気に入った加藤さんのセリフです。そのあとの、突然に「ピタ!ピタ!ピタ食べよう!」っていうのも笑いました。
拙者ムニエル「面白く山をのぼる」 シアタートップスにて。
加藤啓さんを近くでみたいという安易といいますか、ミーハーといいますか、不純といいますか、そんなことで見に行きました。コントでした。
久しぶりにくだらないことでわろてきました。
一番おもしろかったのは、「ヤクザがドラえもんのお芝居をやったら」コント。ヤクザの人たちの会話でよくある「役者が揃とるのぉ」というセリフから、「こんだけ役者が揃とるんやから・・・、芝居やろか」とほんまに芝居やることになって、ドラえもんのお芝居をするやつ。ダンスシーンが最高やった。ダンスてあれです、縦に並んで上半身まわして順番に顔出すやつ。それを、あんなふてぶてしくひょこっと顔出されたら、笑ってしまいますよ。ズルいです(笑)。
あと、「NINAGAWAコボちゃん」もわろていいのかしらと思いつつもめっちゃわろてしもた。蜷川風に4コマ漫画コボちゃん。雨ザザザーっ、雷ゴロゴロゴローっバリバリバリーっ、照明ピカピカピカーっ、セリフはすべて大きくはっきり、みんなずっとスっゴイ表情、で、コボちゃん(笑)。
あとは、明智光秀にとり憑かれた男が率いるあやしい宗教団体のコントもおもしろかった。
「悔しさを解放するのだー!くやしかったこと言うてみい!」
「しじみに実が入ってなかった!」
「くやしー!」
最後は、
「火を放てー!」
「おー!くーまぇりっ!くーまぇりっ!」
で、加藤啓さん、いいわあ。コント集なんでいろんな役をするじゃないですか。それが、どれも上手くておもしろくて、そしてどことなく色気が。。。ひそかにチェックしていこう。
あと、市川訓睦さん、山岸拓生さんにもうまい演技で笑わせてもらいました。

pagetop