8月の文化活動-映画

まだ8月は終わってないけれど。
・映画「時をかける少女
学生時代、原田知世のファンだったダンナさんを誘って観に行った。
やられたー。キュン死ー。めっちゃ泣いてしもた。
真琴ちゃんがとにかくかわいてキュンキュンだったのだけど、これは魔女おばさん(芳山和子)視点で見ると、また違ったキュンキュンが味わえるなあと思った。
映画全般で使われていたBGMのピアノがすごくいい感じだったし、奥華子ちゃんの歌が「ハイ、ここっ!」という絶妙なポイントで流れて、どっぷりハマり泣きした。
鑑賞中、すんごいかわいい事件があった。
千昭くんが真琴ちゃんに突然、とある問いかけをして真琴ちゃんがビックリするという、すごく重要な場面があるのだが、そこで観客の女の子が「えっ!」とかなり大きな声でハッキリと叫んだ。この女の子、真琴ちゃんになりきってたにちがいない!でも、気持ち分かる。私もドキーン!とした。
・映画レンタル「SAW」

SAW ソウ DTSエディション
SAW ソウ DTSエディション
posted with amazlet on 06.08.22
角川エンタテインメント (2005/03/11)
売り上げランキング: 2,547

うー。エグいー。後味悪ー。
ものすごく嫌に出来てる。SAWというタイトルに足を鎖でつながれ監禁されている男2人という設定からして、何が起こるか薄々分かってたけど、にしても嫌すぎた。「ま、まってー!そんなことせんでもっ!それで電話引き寄せればいいねんっ!なんでーっ!!ギャアアアーーーッ!!」と叫びながらジタバタしてしまった。
それは物理的に無理では?とか、納得いかない部分はあるけれど、エンターテイメントとしてよく出来てるというダンナさんの見解。私もそう思う。衝撃の嫌さ。

pagetop

コメント(2)

  • ひっそり | 2006.09.03 18:50

    結局「時をかける少女」観にいかれなかった。
    DVDになったら借りてみます。
    私も劇場で「えっ」とか言ってみたかったなー(笑)。
    「SAW」はダメっす、私みたいなへたれには。
    血がブシャーピシャーっといっぱい出るのは苦手です。その前に怖い映画がすでにダメ。夢にまで見てうなされそうで。。。
    9月は「UDON」と「フラガール」を観たいな、と思ってます。
    またayumitちゃんの文化活動報告、楽しみにしてますね♪

  • ayumit | 2006.09.04 12:24

    「時をかける少女」ぜひぜひ!泣かされまっせー。女の子の「えっ」は、本人はきっとすごい恥ずかしかったやろうけど、ほんまかわいかったー。あの子、いい子にちがいない!
    「SAW」、血がブジャーに加えて心理的にすごく追い詰められて、見終ったあとはずたボロやった・・・。でも、よく出来てるなあーと感心する部分が大きかったから、立ち直りも早かったっす。
    「UDON」は腹ごしらえしてから行かなくては!やね~。
    そうそう、この前「サヨナラCOLOR」をレンタルして観たよ。すっごいよかった!好きな映画の一つになった。またお会いしたときに感想を述べ合いたいっすー。

コメントを書く

コメント内容
*